自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症が女性に多いのは何故ですか?

 

自律神経失調症は、男性に比べて女性の方が、

 

かかる割合が多いと言われています。

 

 

これは、自律神経をつかさどっている視床下部に

 

ホルモンバランスを調整する中枢があり、位置が近いために、

 

どちらかがバランスを崩すと、相互作用のようにバランスが悪くなるのです。

 

 

つまり、ホルモン中枢と自立神経中枢は、ご近所であるわけですね。

 

 

また、男性ホルモンと言うのは、思春期を迎えてから更年期を迎えるまでに、

 

不安定になることはないので、ホルモンバランスが原因で、

 

自律神経失調症にかかることはありません。

 

 

女性は、思春期の後も毎月生理がありますし、妊娠・出産などでも、

 

ホルモンのバランスは微妙に変化し続けます。

 

ですから、男性に比べてホルモンバランスが乱れやすいのです。

 

 

女性の自律神経失調症の症状が、更年期障害と似ているのは、

 

このホルモンの関係もあると言われています。

 

 

もちろん、ホルモンバランスだけで、

 

女性に自律神経失調症が多いわけではありません。

 

 

家庭環境の変化や子育てなどによるストレスも、

 

男性よりも強く受けていると指摘する医師もいます。

 

 

女性の方が男性よりも長生きするし強い、と言うイメージがありますが、

 

実は数多くのストレスを感じているのかもしれませんね。

 

 

ですが、最近では、男性にも更年期障害があることがわかっていますから、

 

ホルモンバランスが原因で、男性が自律神経失調症になる可能性もゼロではないですよ。

 


FX