自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症の起きやすい時期って?

 

この質問はよく受けますね。

 

確かに、自律神経失調症が起きやすい時期と言うのはありますよ。

 

 

一番注意しなければならないのは、季節の変わり目です。

 

 

特に、秋から冬にかけてでしょうか。

 

秋から冬にかけては、1日の気温差が非常に大きい時期です。

 

 

朝夕は寒く、昼は暖かいため、自律神経のバランスが

 

取りにくくなる時期でもあるのです。

 

急激な温度変化に、自律神経は弱いのです。

 

 

また、気温の高い夏も要注意です。

 

 

日中、クーラーのきいた職場から、いきなり外に出ると、

 

かなりの温度変化が生じます。

 

 

あまりにこのような温度変化が続くと、

 

自律神経失調症になりやすいと言われています。

 

 

しかも、夏は夜暑く眠れないことも多いので、

 

睡眠時間を確保するのが難しくなります。

 

 

生活のリズムが狂うと、自律神経失調症になりやすいですから、

 

これも要注意ですね。

 

 

これはもちろん、冬でも言える事ですから、

 

日頃から温度変化には注意しましょう。

 

 

その他には、アレルギー体質の人は、

 

冬から春も気を付けた方がいいでしょう。

 

 

春先は特に肌などが敏感になりますから、

 

外からの影響を受けやすいのです。

 

 

それを守ろうとして自律神経が働くのですが、

 

働きすぎるとお互いのバランスが保てなくなります。

 

 

なんだか一年中自律神経失調症に気をつけていなければならないようですが、

 

自分の出やすい症状に合わせて、心がけていれば大丈夫ですよ。

 


FX