自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


子供に多い自律神経失調症の症状は何ですか?

 

自律神経失調症は、大人の病気とは限りません。

 

子供にも、自律神経失調症はあるのです。

 

 

自律神経失調症は、ストレスが原因で、子供にはストレスなんてないから、

 

そう思うことで、子供の自律神経失調症に気づかないケースがほとんどです。

 

 

子供の自律神経失調症の症状は、大人とほとんど変わりません。

 

ただ周りにいる大人が気づかないだけなのです。

 

 

では、どんな症状が出るのでしょう。

 

 

子供の自律神経失調症の症状は、精神的な部分では、

 

うつや不安感が上げられます。

 

 

学校に行きたくない、引きこもりと言うのも、

 

自律神経失調症の症状の一つかもしれません。

 

 

また、身体的な部分で多いのは、便秘や下痢の症状です。

 

 

男の子は下痢をしやすく、

 

女の子は便秘をしやすいと言うデータもあります。

 

 

中には、胃の痛みや尿量が少なくなる子供もいます。

 

ほとんど大人と変わりませんね。

 

 

私たちのイメージに、子供が学校に行きたくないと言うことを、

 

ただのさぼりとして、捉えてしまう傾向があります。

 

 

気持ちが緩んでいるからなど、

 

子供に辛く当たってしまっては逆効果です。

 

 

どこで自律神経失調症とそうでない見極めをするかは、

 

とても難しいのですが、頻繁に子供が体調の変化を訴える時は、

 

自律神経失調症かもしれないと言うことを検討することも重要です。

 

 

心配な場合には、早めに受診して、

 

日頃の様子を医師に的確に伝えましょう。

 


FX