自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症は病気ですか?

 

自律神経失調症は、「症」と言う字がついていますね。

 

ですから、医学的には「病気ではない」と言う定義になります。

 

 

自律神経失調症の場合、頭痛や吐き気、眩暈や動悸、倦怠感など、

 

症状には個人差があって、病院などで検査をしても、原因がわからないことが多いです。

 

 

症状が人によって違うので、自律神経のバランスが

 

崩れたことで起こるものを総称して、

 

自律神経失調症と言っているのです。

 

 

じゃあ、病気じゃないから安心、そう思ってはいけません。

 

原因がわからないからこそ、とても厄介なのです。

 

 

一般的な病気は、まずその原因があって、それを取り除きながら、

 

病気自体の治療も行われます。

 

 

ですが、自律神経失調症の場合には、その原因がわかりにくいので、

 

薬を使う場合にも、その場しのぎのケースがよくあります。

 

 

頭痛や肩こりがひどければ、痛み止めを使うしかないと考える医師も多く、

 

自律神経失調症の治療にあまり前向きでない病院もあるでしょう。

 

 

自律神経失調症と一言で片付けてしまい、

 

様子をみるしかないこともよくあります。

 

 

また、自律神経失調症は、たいしたことがないからと言って、

 

適切な治療をしないと、どんどん症状が悪化して、

 

他の病気のきっかけになる可能性があります。

 

 

症状は、身体的なものもあれば、精神的なものもあるので、

 

中にはうつ病に移行してしまう人もいるようです。

 

 

比較的、この「症」がつく病名は、治療に時間がかかり、

 

治りにくいと考えた方が、いいかもしれませんね。

 


FX