自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と桂枝加竜骨牡蠣湯

 

自律神経失調症の治療に、桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

 

と言う漢方薬も使われることがあります。

 

 

なんだかだんだん長い名前の薬ばかりになってきましたが、

 

これも漢方薬の特徴ですから、飽きずにご辛抱くださいね(笑)。

 

 

この薬は、柴胡加竜骨牡蛎湯と効果が非常に似ています。

 

柴胡加竜骨牡蛎湯は、比較的体力のある人に、

 

桂枝加竜骨牡蠣湯は、体力のない人に用いられるのです。

 

 

つまり、この桂枝加竜骨牡蠣湯も、

 

精神的な症状が強い人に効果が期待できます。

 

 

配合されている生薬は、精神的に落ち着かせる効果がある竜骨や牡蛎、

 

痛みを取り除く芍薬、発汗作用がある桂枝などです。

 

 

気力を回復させて心を落ち着かせることで、

 

自律神経の働きを調整する薬とも言えます。

 

 

精神面が絡んだ疾患に効果が高く、

 

その疾患で体力が弱っている人に使われます。

 

 

精神的なドキドキや不安など、自律神経失調症の精神的な症状にも効果が高く、

 

神経症や軽いパニック症候群にも使われることがあります。

 

 

また、ストレスが原因で、自律神経失調症にかかってしまった人にも、

 

そのストレスを取り除くきっかけとなるでしょう。

 

 

副作用としては、甘草を配合しているので、服用時にむかつきを感じる、

 

食欲が低下する、と言うケースがあります。

 

 

合わない時には、医師に相談して、薬を調整してもらいましょう。

 


FX