自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と柴胡加竜骨牡蛎湯

 

自律神経失調症の漢方薬には、

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)も治療に用いられています。

 

 

この薬も、早口言葉みたいな感じですが(笑)、精神を落ち着かせる効果が高いとして、

 

自律神経失調症はもちろんのこと、更年期障害や、てんかん、ノイローゼ治療などにも、

 

使われているのです。

 

 

強い精神症状にも、鎮静作用があるので、

 

症状によって配合量を調整することができることが特徴です。

 

 

つまり、色々な人の精神的な症状にあわせられる薬と言うことですね。

 

 

柴胡加竜骨牡蛎湯には、数多くの生薬が配合されていますが、

 

竜骨、牡蛎、茯苓といった成分は、精神を落ち着かせる効果があります。

 

 

さらに、柴胡、黄ごんは、のぼせやほてりを抑えて熱を下げる効果があります。

 

 

その他の生薬は、消化器系の調整を行う効果があり、

 

桂皮が全体の調整役となっています。

 

 

精神的な症状は、自律神経失調症にも起こりますから、比較的こうした症状が強く、

 

それが原因で熱がこもりがちなケースでは、効果が非常に高いと言えます。

 

 

柴胡加竜骨牡蛎湯の副作用は、ほとんどありませんが、

 

胃腸が弱い人は、食欲不振や、むかつきを感じることがあります。

 

 

その他にもなんだかおかしいと思ったことがあれば、

 

早めに医師に相談してみましょう。

 

 

特に、この薬は、精神的な作用が大きいため、自律神経失調症の治療には、

 

効果を試しながら使われることが多いですから、医師との相談は重要です。

 


FX