自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と加味逍遥散

 

自律神経失調症の漢方薬で、

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)と言うものがあります。

 

 

加味逍遥散は、どちらかと言うと女性向けの薬で、

 

更年期障害や生理不順に用いられます。

 

 

加味逍遥散には、かなり多くの生薬が配合されています。

 

 

痛みを和らげるものや上半身の熱を冷ますもの、

 

血行を良くして体を温めるものなど、

 

女性の悩みを解消してくれるものが多いのです。

 

 

特に、更年期以降に自律神経失調症にかかってしまった女性には、

 

使われることが多く、非常に効果が高いとのことです。

 

 

配合されている薬が多い分、体に合わない成分は取り除いて使うこともできるので、

 

かなりオールマイティーな薬とも言えるでしょう。

 

 

私は、自律神経失調症ではなく、生理不順で悩んでいた時に、

 

この加味逍遥散を使った覚えがあります。

 

 

やはり、体が温まる感じがして、

 

数ヶ月の服用で生理不順が落ち着きました。

 

 

ホルモンのバランスも整えてくれる効果があるので、

 

様々な婦人病に使われています。

 

 

ですから、自律神経失調症の症状であるのぼせやめまい、

 

頭痛、倦怠感などに悩む女性には、非常に適していると思います。

 

 

そして、加味逍遥散は、自律神経失調症の薬の中では、副作用が非常に少ないのです。

 

ですが、甘草を使っているために、むくみが出る可能性があります。

 

 

自律神経失調症の治療で、加味逍遥散を服用し始めてから、

 

むくみが目立つように感じたら、担当の医師に相談しましょう。

 


FX