自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と苓桂朮甘湯

 

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)は、

 

自律神経失調症の漢方薬としても使われ、

 

のぼせや眩暈、立ちくらみなどに効果があります。

 

 

漢方では、眩暈が起こる原因を

 

体内の水分循環が悪いことにあると考えています。

 

 

そこで、この苓桂朮甘湯は、茯苓(ぶくりょう)と蒼朮(そうじゅつ)と言う、

 

水分循環を改善させる成分を配合しています。

 

 

さらに、のぼせに効く甘草(かんぞう)も配合し、

 

のぼせや眩暈、立ちくらみなどの解消に非常に役立っているのです。

 

 

また、自律神経失調症の症状でもある、

 

息切れや尿量減少などにも効果があります。

 

 

そして、この苓桂朮甘湯が向いているタイプとしては、

 

体力に自信がなく、虚弱体質気味の人に用いられています。

 

 

苓桂朮甘湯の副作用ですが、これは個人差がありますが、

 

痒みや発疹が出る可能性があります。

 

 

それから、漢方薬は、長期間の服用で効果が得られるものです。

 

自律神経失調症の治療で用いられる苓桂朮甘湯も、

 

同じように長期間の服用が基本です。

 

 

その期間中に血圧が上がる、むくみが出る、毛足がけいれんするなどの、

 

いつもとは明らかに違う症状が出た場合には、早急に医師に報告しましょう。

 

 

漢方薬は、副作用の少ない薬ですが、体質に合わない時や、何らかの理由で、

 

稀に副作用も出ますから、服用中は体調の変化に敏感でありたいものです。

 


FX