自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と半夏厚朴湯

 

自律神経失調症の漢方薬として、

 

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)があります。

 

 

この薬は、声のかすれや気管支炎、

 

イライラや不安感などの症状に効果があって処方される薬です。

 

 

また、喉に違和感を覚える、喉の奥がゴロゴロして

 

飲み込みにくさを感じると言う場合も、

 

この半夏厚朴湯は適していると言われています。

 

 

自律神経失調症は、心身ともに症状が出ますし、その症状も個人差が大きいので、

 

こうした漢方薬は、症状に合わせて処方できますから、とても便利と言えるでしょう。

 

 

また、自律神経失調症の症状に多い不安神経症はもちろんのこと、

 

神経性胃炎に悩んでいる人にも、効果があります。

 

 

そして、この半夏厚朴湯が適しているタイプは、

 

胃腸が弱く、虚弱体質気味の人で、

 

風邪を引きやすい人にも用いられます。

 

 

つまり、わりと体力に自信があって、

 

慢性的な頭痛や肩こりに悩んでいると言う人には、

 

効果が薄れてしまいます。

 

 

自律神経失調症に効く漢方薬だからと言って、

 

何の薬でも良いと言うことはないのです。

 

 

ただし、半夏厚朴湯は、漢方薬には珍しく、

 

気分が悪くなるなどの副作用が出るケースがあります。

 

 

薬が合わないことも考えられますから、

 

その際は、早めに医療機関に受診しましょう。

 

 

ある程度服用しても効果が得られない時にも同様で、

 

早めに相談するのが妥当です。

 

 

半夏厚朴湯は、保険が使える薬ですから、

 

費用も気にならないのが嬉しいですね。

 


FX