自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と大承気湯

 

大承気湯(だいじょうきとう)も、

 

自律神経失調症の治療に用いられる漢方薬です。

 

 

大承気湯は、芒硝や大黄など、便通をスムーズにする成分や、

 

枳実・厚朴などのお腹のハリを解消させる成分が配合されています。

 

 

自律神経失調症の症状である腹部不快感や便秘にも効果があり、

 

肥満傾向の強い人にも適していると言われています。

 

 

便秘などの消化器系の症状は、

 

精神的なストレスからも引き起こしやすく、

 

自律神経失調症でも出やすい症状です。

 

 

神経系の症状にも、便秘は大きく関係しますから、

 

この大承気湯はよく使われます。

 

 

また、急性の熱病で、腹部のハリや硬さが目立つ場合には、

 

漢方薬には珍しく、即効性が期待できる薬でもあります。

 

 

基本的には、食前の服用がお勧めですが、

 

飲みにくい場合には、食後でもかまいません。

 

 

ただし、この大承気湯には、塩分が含まれているので、

 

食事で塩分制限がある人や、冷え性や虚弱体質の人には不向きです。

 

 

体質をよく考えた上で服用するのが望ましいとのことです。

 

 

漢方薬は、この大承気湯に限らず、

 

慣れないうちは飲みにくさを強く感じます。

 

 

苦手だけれど飲まなければならないと考えてしまうと、それがストレスとなって、

 

かえって自律神経失調症の症状を悪化させてしまいますから、

 

一定期間試しても味に馴染めない場合には、担当の医師に相談して、

 

薬の変更も検討しましょう。

 


FX