自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と釣藤散

 

自律神経失調症の漢方薬で、

 

釣藤散(ちょうとうさん)があります。

 

 

これは、自律神経失調症の症状で、

 

朝起きた時の頭痛やほてりなどに効果があります。

 

 

高血圧や動脈硬化の人にも見られる、

 

慢性的な頭痛に用いられるようですね。

 

 

どちらかと言うと、虚弱体質の人ではなく、ある程度体力があって、

 

午前中に頭痛に悩まされる人に処方されることが多いです。

 

 

充血やのぼせを解消する石膏や、

 

眩暈や耳鳴りを改善させる半夏などが配合されていて、

 

菊花、防風と言った痛みを発散させるものも配合されています。

 

 

顔のほてりやのぼせ感が強い人には、かなり効果があるとのことで、

 

自律神経失調症の症状であるのぼせやほてりにも頻繁に用いられます。

 

 

眩暈が症状のメニエール症候群にも使われていますから、

 

同じような症状が出る自律神経失調症の治療にも効果があると言えますね。

 

 

釣藤散は、その他に脳の血管を広げてくれる効果もありますから、

 

血流が悪いことによる頭痛がある人にも向いています。

 

 

この釣藤散も、食間服用が基本です。

 

 

副作用と言うほどではありませんが、

 

胃腸が弱い人は、吐き気や下痢を起こしやすいので、

 

あまりに症状が気になる時は、医師に相談して薬を変更してもらいましょう。

 

 

さらに、この釣藤散は、甘草が配合されているので、

 

大量に服用するとむくみなどが生じやすくなります。

 

 

いきなり血圧が上がることもありますから、

 

高血圧の人は注意が必要ですし、

 

異常を感じたらすぐに受診しましょう。

 


FX