自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症と女神散

 

自律神経失調症の治療で、色々な漢方薬が用いられますが、

 

ここでは女神散(にょしんさん)についてお話しましょう。

 

 

女神散は、古くは戦国時代から、武士の精神安定剤のような役割を果たしていました。

 

武士が戦場での戦の際に、恐怖心を取り除き、安定させるために使われていたようです。

 

 

つまり、女神散は、自律神経失調症の症状で、

 

精神的な不安などの症状に効果があると言うわけです。

 

 

女神散は、その他にも胃腸の働きを改善させる、血行を良くする、

 

水分の循環を促す効果がある薬を調合しています。

 

 

つまり、自律神経失調症の精神的な不安症状以外でも、

 

冷え性や頭痛に有効と言うことになります。

 

 

具体的には、のぼせやほてりなどに用いられています。

 

 

自律神経失調症だけでなく、女性の更年期障害や生理不順にも使われています。

 

女神散という薬の名前からしても、女性のための漢方薬とも言えますね。

 

 

女神散の使い方としては、普段から胃腸が弱い人は、

 

吐き気や下痢を起こす可能性がありますから、

 

当てはまる人は慎重に使いましょう。

 

 

本来は、食前に飲むのが理想ですが、

 

吐き気を感じる場合には、食後でもかまいません。

 

 

漢方薬は、短期間の使用で効果はわかりませんが、

 

長期に渡って使用しても効果が得られない時には、

 

医師に相談して薬を変更したほうがいいかもしれませんね。

 


FX