自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症とは?

 

自律神経失調症とは、私たちの体の中にある

 

自律神経の働きが悪くなったことで起こる様々な症状をいいます。

 

 

自律神経は、交感神経と副交感神経があって、通常はバランスが保たれているのですが、

 

何らかの原因でそのバランスが崩れ、心身に症状が出てしまうのです。

 

 

自律神経は、自分の意思とは関係なく働いてしまうので、

 

現実に自律神経のバランスが崩れているかと言うことが、

 

非常にわかりにくいのが特徴です。

 

 

実際に、体に異常を感じていて検査をしても、

 

何の異常もないことがほとんどで、

 

治療も難しいことが多いのです。

 

 

厄介な病気とも言えますね。

 

 

また、自律神経失調症の原因や症状は、個人差があって、

 

周りの人に理解してもらえないこともよくあります。

 

 

そして、自律神経失調症の怖いところは、

 

自律神経失調症自体の症状が原因で、

 

他の疾患を引き起こしてしまうことです。

 

 

最近では、自律神経失調症が原因で、うつ病にかかってしまう人も多く、

 

治療法が難しいことで、症状が悪化しやすいのも問題視されています。

 

 

さらに、自律神経失調症は女性に多く、更年期など、

 

ホルモンのバランスが崩れやすい時期に発症しやすいとも言われています。

 

 

自律神経をコントロールしている視床下部では、

 

ホルモンのコントロールも同様に行われているので、

 

影響されやすいそうです。

 

 

ただし、絶対に治らない病気ではありませんから、

 

あまり神経質になるのは控えましょう。

 


FX