自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


ヨガ

 

自律神経失調症治療にヨガを取り入れてみませんか?

 

ヨガは、深い呼吸と共に、様々なポーズを取ることで、

 

心身のリラックス効果を得ることができます。

 

 

自律神経失調症で、交感神経の働きが強い人は普段から呼吸が浅く、

 

そのため、血行が悪くなりがちなのですが、

 

ヨガを行い深い呼吸を繰り返し落ち着くことで、

 

体の隅々まで血流が良くなるのです

 

 

ヨガなんて、ただポーズを取るだけじゃない?

 

そう思う人もいると思いますが、実際にヨガを行うと、

 

ただのポーズとりではありません。

 

 

かなり複雑な姿勢もあれば、姿勢を維持するのが

 

ものすごくきついポーズもあります。

 

下手な運動よりも、効果があるかもしれません。

 

 

また、ヨガは、落ち着いた雰囲気の中で静かに行いますから、

 

自分を集中させることができます。

 

 

反対に、何も考えず、無の中で自分を落ち着かせることも可能です。

 

 

自分を落ち着かせると言うのは、

 

日常生活の行動では、なかなか機会がありませんね。

 

 

私は、眠る前にヨガを行うことで、1日の疲れを取り、

 

ゆっくり眠ることが出来るようになりました。

 

 

自律神経失調症治療としてのヨガのポーズはいくつかありますが、

 

全部こなさなくてはならないと言うことはありません。

 

 

最初のうちは、できるところだけ挑戦して、

 

徐々に時間を長く取っていきましょう。

 

 

ヨガと同じで、無理せずゆっくり行うことが、

 

自律神経失調症の治療では、大切ですよ。

 


FX