自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


指圧

 

自律神経失調症の治療で、指圧を行った人はいませんか?

 

指圧は、自律神経失調症で肩こりや腰痛などの症状を訴えている人に適しています。

 

 

腰痛や肩こりなどは、血行が悪くなる、筋肉が硬くなるなどの原因が上げられますが、

 

これは自律神経の働きがうまくいかない場合に多い症状です。

 

 

指圧は、親指や手の平でツボを刺激して、

 

自律神経の働きを活発にします。

 

 

その結果、血行が良くなり、コリもほぐれるために、

 

肩こりなどの解消が可能です。

 

 

自律神経失調症の治療には、この指圧と鍼灸を組み合わせて行われることも多く、

 

かなりリラックスできると評判です。

 

 

もちろん、指圧も専門家に行ってもらえば、

 

ピンポイントでツボを刺激してくれますから、

 

とても気持ちが良いものです。

 

 

ですが、指圧も保険が使えない場合がありますから、

 

費用面で心配な人は、自分でツボを指圧するといいでしょう。

 

 

あまり強い力でツボを刺激してしまうと、逆効果になる可能性がありますから、

 

押した時に少し痛いけれど気持ちが良いと感じるところで、やめるといいでしょう。

 

 

また、必要以上の回数で指圧を行うのも、あまりお勧めできませんから、

 

適度な回数を守って行うことが大切です。

 

 

もちろん、必ずやらなければならないと感じてしまうと、それがストレスとなって、

 

自律神経失調症にはよくありませんから、気をつけましょうね。

 


FX