自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


爪もみマッサージ

 

爪もみマッサージなんて、自律神経失調症と何の関係があるの?

 

そう思う人もいるかもしれませんが、実はこれがなかなか効果があるんです。

 

 

爪には、自律神経を刺激するツボがあって、そこをマッサージすることで、

 

自律神経のバランスが正常になりやすいと言われています。

 

 

爪もみマッサージは、両手薬指以外8本の指の爪の生え際を、

 

痛気持ちいくらいの力で10秒ほどもみます。

 

 

これを1日3回ほど行うと、

 

自律神経が刺激されて、効果があるそうです。

 

 

この爪もみマッサージは、副交感神経を刺激するもので、

 

薬指には交感神経を刺激するツボがあるので、

 

薬指のマッサージは避けるのが無難です。

 

 

交感神経が働きすぎて、副交感神経が働くチャンスが少ない人は、

 

この爪もみマッサージを行うと、気持ちが落ち着くとも言われています。

 

 

また、爪もみマッサージは、

 

専門家でなくても自分で自宅で行うことができます。

 

 

もちろん、専門的に指導してくれる人もいますが、

 

簡単ですから、自分でするのもお勧めです。

 

 

あくまでもマッサージですから、効果を焦るあまり1日に何度も行うと、

 

逆効果になる可能性もありますから、そこは注意したいですね。

 

 

私は爪もみマッサージを試したことがないのですが、自分で簡単にできますから、

 

自律神経のバランスが崩れていると感じたら、試してみたいと思っています。

 


FX