自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経の乱れを整える方法

 

自律神経の乱れは、具体的な症状として、

 

眩暈や息切れ、立ちくらみ、呼吸困難などがあります。

 

また、発汗や便秘、下痢や食欲不振なども上げられるのです。

 

 

では、この自律神経の乱れを整えるには、

 

どうすればいいのでしょうか?

 

 

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで起こるので、

 

この2つの神経のバランスを整えるようにすればいいのです。

 

 

特に、自律神経失調症の場合、交感神経の働き過ぎが多いので、

 

副交感神経が働くような環境を作りましょう。

 

 

例えば、ゆっくりお風呂に入る、好きなものを食べたり飲んだりする、

 

好きな音楽を聴く、深呼吸することも有効です。

 

 

交感神経は、体を動かす神経ですから、

 

その逆の体を休ませるような事を行えば、

 

神経同士のバランスが保たれることになるでしょう。

 

 

また、交感神経の働き過ぎは、筋肉を硬くしてしまうので、

 

硬くなった筋肉をマッサージなどで柔らかくするのもお勧めです。

 

 

マッサージを受けると、いつのまにかリラックスして気持ちが良くなりますよね。

 

これが、副交感神経が働いて、交感神経とのバランスが取れた状態です。

 

 

交感神経、副交感神経それぞれの神経を切り替えることは、

 

意識してできることではありませんから、

 

何らかのきっかけを探すことが重要です。

 

 

私たちの生活の中で、交感神経や副交感神経それぞれが、

 

適切に働くことができる環境をつくること。

 

これが、自律神経の乱れを整える方法と言ってもいいでしょう。

 


FX