自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症の認知行動療法

 

自律神経失調症の治療には、認知行動療法と言うものがあります。

 

認知行動と言われても、あまりピンとこないかもしれませんが、

 

最近では自律神経失調症だけでなく、パニック障害などの治療にも用いられています。

 

 

特に、初期の自律神経失調症には、非常に効果があると言うことで、

 

投薬よりも活用している病院もあるのです。

 

 

例えば、人前に出ると顔が赤くなってドキドキする、

 

会社で会議が始まるころになるとお腹が痛くなる、

 

これらも自律神経失調症の症状です。

 

 

これは、自分では気づかないところでストレスを感じるまたは、

 

以前精神的ストレスになるようなことを体験したことが記憶に残っており、

 

そのことで自律神経のバランスが、崩れてしまう可能性が高いのです。

 

 

そこで、こうした緊張や不安を取り除くのが、認知行動療法です。

 

 

認知行動療法では、こうした条件反射的な行動を一度消去して、

 

新しく行動をインプットしていく方法や、イメージを良くして行く方法を取るのです。

 

 

この方法は、自律神経失調症の摂食障害などにも効果があります。

 

もちろん、心の奥深くに隠れた原因がある場合には、その治療が優先されます。

 

 

自律神経失調症は、精神的な要因が絡んでいることが多いので、

 

こうした治療法は、原因を究明するためにも有効と言えるでしょう。

 

 

ですが、結果を焦るあまり急ぎの治療では、

 

なかなか自律神経失調症は改善しないので、

 

じっくり取り組むことが重要です。

 


FX