自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症のツボ療法

 

自律神経失調症に、ツボ療法は効果があると言われています。

 

自律神経失調症の症状は、不安やイライラなどの精神的なものが多く、

 

気持ちを落ち着かせるツボを押すことで、和らぐと言われているのです。

 

 

気持ちが落ち着くと言うことは、

 

リラックスしていると言うことでもありますから、

 

副交感神経がきちんと働いてくれるわけです。

 

 

自律神経失調症に効果があるツボと言うのは、曲池や神庭、労宮などで、

 

これらは気持ちを落ち着かせてくれます。

 

 

曲池は、腕を直角に曲げると、肘の部分にしわができますね。

 

その延長線上にあるツボです。

 

 

そして、神庭は、顔の真ん中のライン上にあり、髪の生え際の上辺りです。

 

労宮は、手のひらの真ん中に位置しています。

 

 

また、自律神経失調症のツボは、

 

首の後ろにある風池や天柱も効果があります。

 

 

他にも多くのツボが、体のあちこちにあります。

 

 

ツボ押しは、自分でも行えるので、自律神経失調症の改善のために、

 

試してみるといいのですが、最初はプロに指導してもらうのが妥当です。

 

 

特に、強くツボを刺激すると、かえって逆効果になるので、注意が必要です。

 

ツボを押す力や場所、頻度など、まずは専門家に正しい方法を教えてもらいましょう。

 

 

もちろん、このツボ療法も、自律神経失調症に必ず効果があると言うことではないので、

 

合わないケースもあることを覚えておきましょう。

 

 

ちなみに、私は、ツボをした時に痛みが強くて、活用できませんでした(笑)。

 


FX