自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症の運動療法

 

自律神経失調症の治療に、運動療法も効果があります。

 

 

私たちの体は、運動をすると交感神経の働きが活発になりますが、

 

同時に疲れを感じることで、それを休ませようとして副交感神経も働きやすくなります。

 

 

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが悪くなることで、

 

引き起こされますから、運動をすることでバランスを保てればいいわけです。

 

 

運動をして疲れると、夜よく眠れると言う状態は、

 

交感神経が頑張った後に副交感神経が眠れるようにしてくれているのです。

 

 

また、運動をした時の爽快感は、

 

満足感とリラックス効果を得られますから、

 

自律神経のバランスをより保ってくれるでしょう。

 

 

ですから、自律神経失調症の人には、

 

医師から適度な運動を勧められるのです。

 

 

特に、ウォーキングやジョギングは、疲労度は少ないのですが、

 

セロトニンと言う脳内伝達物質を活性化させてくれるので、

 

自律神経の働きが良くなります。

 

 

自分の好きな運動をすることも有効ですが、あまりに疲れすぎるものや、

 

運動をしなければならないと言う気持ちが強いと、

 

かえってストレスになりますから、注意しなければいけませんね。

 

 

あくまでも、運動をしてすっきり感じる、

 

気持ちが良いと思えるものを取り入れましょう。

 

 

できるだけ運動中は、自律神経失調症の治療だとは考えず、

 

集中して行いましょう。

 


FX