自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症の森田療法

 

自律神経失調症の治療で、森田療法と言うのをご存知ですか?

 

森田療法とは、精神医学者の森田正馬(もりたまさたけ)氏が考案した精神療法の一つです。

 

 

心理療法は、日本で考案されたものは少ないので、

 

森田療法は数少ない日本が産んだ治療法とも言えますね。

 

 

自律神経失調症の治療では、この森田療法も有効とされて、

 

多くの医療機関で用いられているのです。

 

 

森田療法を簡単に分類すると、外来療法と入院療法になります。

 

「自律神経失調症で入院なんて!」と思われるかもしれませんが、

 

心身ともに症状が重い場合には、入院して治療を受けるのが、安全とも言えます。

 

 

また外来療法では、通院しながら、

 

日常生活の中に治療方法を取り入れていきます。

 

 

このどちらも、基本は「そのままの自分を受け入れる」と言うことです。

 

何かをしなければならない、こうであるべきなどの自分を縛り付ける言動などが、

 

強いストレスとなり、自律神経失調症を引き起こすことがわかっています。

 

 

そこで、まずは自分の気持ちに素直になって、

 

自分を認めることが重要であると言う考え方を大切にしています。

 

 

例え自律神経失調症の症状が重く、なかなか効果が得られなくても、

 

そのことに悩む必要はなく、むしろ前向きにその状態を受け入れることで、

 

精神的な症状の改善が見込めるのです。

 

 

自律神経失調症であっても、自分らしい生活を送ることが、

 

治療の第一歩と言えるかもしれませんね。

 


FX