自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症の音楽療法

 

自律神経失調症の治療で、

 

音楽療法は非常に注目されてきています。

 

 

自律神経失調症は、精神的な緊張などで交感神経の働きが続き、

 

副交感神経とのバランスが崩れることで起こりやすくなります。

 

 

音楽療法は、そんの交感神経の緊張をほぐす効果があると言われています。

 

自分の好きな音楽を聞くと、なんだかリラックスできますよね。

 

 

リラックスしている時と言うのは、副交感神経が働き、

 

交感神経は休んでいるわけですから、それぞれの働きが正常になりやすいのです。

 

 

ストレス解消にも音楽療法は有効ですから、

 

自律神経失調症だけでなく、色々な面で効果があると言えますね。

 

 

では、「どんな音楽が自律神経失調症の治療として有効なのか?」

 

ということですが、これには個人差があります。

 

 

一般的には、クラシックなどの静かな音楽が、

 

音楽療法では取り入れられがちです。

 

 

ですが、そのクラシックが苦手な人にとっては、

 

好きでもない音楽を聴くことは、

 

果たしてリラックス効果が得られるのでしょうか?

 

 

ですから、自分の好きな音楽を、好きな時間に聴くことをお勧めします。

 

一番お勧めなのは、眠る前に好きな音楽を聴くことです。

 

 

もちろん、あまりにアップテンポの曲は、

 

かえって神経が高ぶってしまって、

 

自律神経失調症の治療にはなりませんから、

 

静かな曲で落ち着けると感じるものを選びましょう。

 


FX