自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経と脳の関係

 

自律神経は、体温を調節する、食べたものを消化するなどの、

 

自分の意思とは関係なく、働く仕組みになっています。

 

 

これは、脳からその命令が出ているので、

 

自律神経と脳は非常に関係が深いのです。

 

 

でも、例えば、自分が暑さを感じた時に汗をかくのは、

 

暑いと思った感情が、そうさせるのではないのか?と考える人もいますね。

 

 

確かに、「暑いなあ〜」と思うと汗が出ますが、

 

それは温度変化の刺激が皮膚にあった時に、

 

その刺激が脳に伝わり、自律神経によって汗をかくことが、

 

体温を下げる結果になるのです。

 

 

自分が何かを感じた時には、

 

すでに脳から自律神経に様々な命令が出ているわけです。

 

 

自分の感情が自律神経を動かしているのではなく、

 

いち早く脳が命令を出しているのです。

 

 

自律神経をつかさどっているのが、脳の中の視床下部ですが、

 

感情や欲求を抑える大脳辺縁系の影響を受けやすくなっています。

 

 

つまり、何かを我慢したり抑えたりしている状態が続くと、

 

自律神経にも何らかの影響が出てしまうことになります。

 

 

例えば、ストレスも自律神経失調症の原因となります。

 

ストレスを受けることで、脳が刺激され、

 

自律神経が働くように促されるのですが、

 

それが強すぎると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

 

これが自律神経失調症の原因でもあると言われているので、

 

脳は自律神経失調症の改善には切っても切れない関係にあります。

 


FX