自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症の理学療法

 

自律神経失調症は、手足のしびれや肩こり、

 

頭痛と言った身体症状が出ますが、

 

そういった症状に有効なのが理学療法です。

 

 

「理学療法=リハビリ」と言うイメージもありますが、

 

実は、自律神経失調症の人が、よく利用していることをご存知ですか?

 

 

自律神経失調症の理学療法には、

 

指圧やマッサージ、器具を使う温熱療法、

 

整体、カイロプラクティックなどがあります。

 

 

いずれも、血行を良くして、コリや痛みを和らげるものですが、

 

自律神経失調症を治すものではありませんから、

 

あくまでも対処療法の一つであることを覚えておきましょう。

 

 

また、指圧やマッサージなどは、自分でもできるかもと思いがちですが、

 

安易に行ってしまうと、逆効果になる可能性が高いので、自分で行いたい人は、

 

まず専門家に相談して、教えてもらうといいでしょう。

 

 

指圧は、体のツボを指や手のひらで刺激して、血行をよくします。

 

マッサージも、体に刺激を与えるので、血行が良くなりますし、

 

リンパの流れも良くなります。

 

 

私の場合、主人が理学療法士でしたから、

 

最初は自宅で主人にマッサージなどをしてもらっていました。

 

 

でも、自分でできる簡単なストレッチを教えてもらい、

 

時間のある時に行っていたら、

 

意外に体がスッキリして、症状も楽になりましたよ。

 

 

受けていると気持ちが良いと思うことも、リラックス効果があるので、

 

自律神経失調症には非常に有効です。

 


FX