自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経失調症の薬物療法

 

自律神経失調症の治療法には、薬物療法があります。

 

 

自律神経失調症は、身体症状や精神症状が出ますが、

 

薬物療法はそのどちらにも有効です。

 

 

例えば、精神的な症状には、精神安定剤(抗不安薬)や

 

自律神経調整剤などが使われます。

 

 

精神安定剤は、不安感の解消や、緊張感を和らげ、

 

自律神経を落ち着かせる効果があります。

 

 

めまいやほてり、頭痛などの身体症状にも有効です。

 

自律神経調整剤は、字のごとく自律神経の働きを調整するものです。

 

 

この2つの薬を比べると、精神安定剤の方が、

 

効き目が強めになっています。

 

 

その他に、抗うつ剤もありますが、

 

これは長期間に渡って使用しなければ、

 

効果が期待できません。

 

 

その他にも、自律神経失調症の薬物療法はありますが、

 

大切なのは、自分に合った薬を、決められた使い方を守ることです。

 

 

即効性があるものとそうでないものもありますから、

 

薬を使う時には、きちんと説明を受けておきましょう。

 

 

また、自律神経失調症の薬に限らず、自分の判断で勝手に服用を中止すると、

 

しっかりした効果が得られず、かえって逆効果になりがちです。

 

 

反対に、副作用が辛いのに医師に相談もせず服用を続けるのも、

 

悪影響となる恐れがあります。

 

 

私も精神安定剤を最初に使いましたが、あまりに効き目が強く、

 

医師に相談して、薬の種類を変えてもらいました。

 

 

正しい使い方を守ることが、

 

自律神経失調症を改善させる近道でもあるのです。

 


FX