自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


抑うつ型自律神経失調症

 

抑うつ型自律神経失調症は、文字通り、

 

抑うつの症状が出る自律神経失調症の種類を指します。

 

 

抑うつと言うのは、無気力や意欲低下と言った、

 

精神的な部分が弱くなる状態です。

 

 

自律神経失調症は、身体症状と精神症状の両方を併せ持っているので、

 

どちらかの症状が出るだけとは限りません。

 

 

特に、抑うつ型自律神経失調症の人は、最初はめまいや頭痛、

 

肩こりなどの身体症状が出ますが、いつのまにか精神症状が出てくるようになります。

 

 

中には、精神症状が、身体症状の中に隠れてしまって、

 

抑うつの部分が発見されにくいケースもあるようです。

 

 

この抑うつ型自律神経失調症の人は、

 

何でも完璧にこなさなくては気がすまない、

 

責任感が強いなどの傾向があります。

 

 

しかも、症状が出始めるのは、

 

人生の転機や節目、環境の変化などです。

 

 

それまでは、あまりストレスなどを感じることもなく、生き生きと働いていたため、

 

なぜ抑うつになってしまうのか理解できずに、それも原因で自律神経失調症が、

 

悪化するケースもあります。

 

 

この抑うつ状態は、そのままにしておくと、

 

本当のうつ病に移行する危険があります。

 

 

そうなる前に何とか治療をして、食い止めておきましょう。

 

 

自律神経失調症であることを、あまり気にしすぎると、

 

このタイプはどんどん症状が悪化してしまいますから、

 

ちょっとした変化にあまり敏感になるのも、問題とも言えますね。

 


FX