自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


心身症型自律神経失調症

 

自律神経失調症で、一番多いケースが、

 

この心身症型自律神経失調症です。

 

 

心身症型自律神経失調症は、症状が身体的なことが多く、

 

肩こりや頭痛、めまいなどが代表的とも言えます。

 

 

この自律神経失調症のタイプは、仕事や勉強などで、いつも頑張っている人に多く、

 

また自分の気持ちを抑えがちな人にも、多く見られます。

 

 

自分を抑えることが続くために、知らず知らずのうちに

 

それがストレスとなり、身体的な症状が現れるのです。

 

 

さらに、自分の抱えているストレスにも、なかなか気づかないので、

 

気が付いた時には重症化しているケースもあります。

 

 

とにかくなんでもしっかりやろうとする人や、周りに合わせてばかりの人、

 

何かを頼まれると断れない人などが、この心身症型自律神経失調症にかかりやすいのです。

 

 

また、日々の生活が忙しく、疲れが溜まっている人も、

 

心身症自律神経失調症にかかりやすいです。

 

 

そして、自律神経失調症の検査でも、自律神経機能に問題がでにくく、

 

心身症と似たような結果が出ることも多いようです。

 

 

特に疲れているとか、ストレスを感じていないけれど、なんとなく体の調子が悪い、

 

病院に行って検査をしても、異常が特に見つからないと言う人は、

 

自律神経失調症を疑った方がいいかもしれません。

 

 

もちろん、身体的な症状は個人差がありますから、頭痛や肩こりがないからと言って、

 

心身症型自律神経失調症ではないと決め付けるのもいけませんよ。

 


FX