自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


ホルモンバランスの乱れによるもの

 

自律神経失調症の原因として、

 

女性に多いのがホルモンバランスの乱れです。

 

 

自律神経とホルモンは、脳が働きを調節していますが、

 

どちらも近い場所にあるので、お互いに影響しやすい位置にあるのです。

 

 

つまり、更年期などにより、女性ホルモンのバランスが崩れると、

 

近いところにある自律神経のコントロールも、うまくいかなくなる可能性が高くなります。

 

 

また、女性の場合、思春期や成熟期にも、ホルモンの分泌量が多くなるので、

 

自律神経の働きにも影響が出やすくなります。

 

 

女性は、一生のうちに何度か、こうしたホルモンのバランスが

 

崩れやすい時期が訪れるので、その時期には、

 

「もしかしたら自律神経失調症がでるかも?」

 

と言う覚悟も必要となるでしょう。

 

 

ホルモンには色々な種類がありますが、

 

どれか一つでも分泌が過剰になる又は、減少すると、

 

他のホルモンとのバランスが悪くなります。

 

 

そのため、自律神経失調症は、

 

更年期障害と似たような症状が出るのです。

 

 

自律神経失調症は、女性に多いと言うことは限りませんが、

 

ホルモンのバランスが崩れやすいと言うことを考えると、

 

女性がかかる確率が高くなってしまうのです。

 

 

ホルモンバランスが乱れると、めまいや頭痛、ほてり、

 

動悸などが起こりやすくなります。

 

 

自律神経失調症とホルモンバランスの乱れは、

 

治療によって改善する人も多いので、

 

年齢だから仕方がないと言うのではなく、

 

早めに治療するのが無難です。

 


FX