自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


体質によるもの

 

自律神経失調症は、症状に個人差がありますが、

 

実は体質との関係も深いのです。

 

 

「体質なんて、自律神経失調症にどんな関係があるの?」と思われるかもしれませんが、

 

自律神経は、自分の意思とは関係なく働くものなので、体質はとても重要なのです。

 

 

例えば、自律神経失調症になりやすい体質の一つに、低血圧があります。

 

低血圧の人は、朝の目覚めがスッキリしないのですが、

 

すぐに体を動かそうとすると、自律神経のバランスが崩れやすくなります。

 

 

また、冷え性の人も、体を温めようとして、

 

交感神経が働きすぎる傾向にあるので、

 

自律神経失調症になりやすいと言われています。

 

 

他には、アレルギー体質や、便秘や下痢を繰り返すような体質も、

 

自律神経の働きが悪くなるので、結果として自律神経失調症を引き起こしやすいのです。

 

 

自律神経失調症は、基本的に遺伝することはありません。

 

ですが、体質と言うのは遺伝します。

 

 

例えば、あなたの両親又はどちらかが、

 

自律神経失調症になりやすい体質であれば、

 

あなたも自律神経失調症になる可能性が高くなるわけです。

 

 

そして、自律神経失調症にかかりやすい体質と言うのは、

 

普通の人にはなんでもないことでも、

 

自律神経のバランスが崩れやすくなっています。

 

 

ですから、自分の体質をきちんと把握して、

 

自律神経のバランスを保つように、

 

注意すべき点は普段から心がけておくべきですね。

 


FX