自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経とホルモンの関係

 

自律神経とホルモンは、深い関係があります。

 

自律神経の中枢が、大脳の視床下部と言う所にあるのですが、

 

ここでは、女性ホルモンのコントロールも行われています。

 

 

また、自律神経やホルモンだけでなく、食欲や体温、免疫機能の調節も行われているので、

 

いずれかのバランスが崩れると、他の部分にも影響が出てしまうのです。

 

 

そして、ホルモンは、ストレスや加齢など、

 

様々な原因でバランスが崩れやすいのです。

 

 

特に、女性ホルモンは、更年期などにバランスが崩れやすいので、

 

更年期に入った女性に自律神経失調症が出やすいとも言われています。

 

 

つまり、更年期障害の症状と自律神経失調症の症状は、非常に似ているのです。

 

 

さらにやっかいなことに、ホルモンのバランスは、

 

崩れ始めてもすぐに異常が出るわけではありません。

 

 

自分の体の不調が、自律神経の異常が原因なのか、

 

それともホルモンのバランスが崩れているのかは、判断がつかないでしょう。

 

 

ホルモンも自律神経も、目に見えないものですから、

 

あなたがもし女性で、ある程度の年齢に差し掛かっているのであれば、

 

自律神経失調症とホルモンのバランスの崩れ、どちらも当てはまっているかもしれません。

 

 

それだけホルモンと自立神経の繋がりは密接なのです。

 

 

中には、ホルモンのバランスを整えただけで、

 

自律神経失調症の症状も収まった人もいますから、

 

原因をきちんと探ることが治療の第一歩とも言えますね。

 


FX