自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


性格によるもの

 

自律神経失調症は、ストレスが原因で起こることが多いですが、

 

性格が大きく関わっていることをご存知ですか?

 

 

ストレスも性格によっては、感じる人とそうでない人に分けられますから、

 

自律神経失調症は、なりやすい正確があるとも言われているのです。

 

 

では、具体的に、どんな性格の人が自律神経失調症になりやすいのでしょうか。

 

 

まず、真面目で几帳面な人です。

 

何を行うにも、きっちりしなくては気がすまない人の場合、

 

予定外の出来事には、強いストレスを感じます。

 

 

真面目であればあるほど、こうしたストレスは強く、

 

几帳面な性格もそのストレスを余計に感じやすくなっています。

 

 

また、心配性の人も要注意です。

 

何か行った時に、結果が出る前から、色々と心配することは、

 

はっきり言って、余計なストレスです。

 

 

そして、内向的な性格も、

 

自律神経失調症になりやすいと言われています。

 

 

何か心配なことがあっても、周りに話すことなく

 

1人で抱え込んでしまうと、これもストレスに繋がります。

 

 

その他には、周りの目が気になる性格も、

 

自律神経失調症にかかりやすいかもしれません。

 

 

「私は緊張しない性格だから」と思っていても、

 

自分が気づいていない部分で緊張している可能性があります。

 

 

「〜しなければならない」とか、「〜であるべき」と言う考え方は、

 

知らず知らずのうちに、自分を追い込んでしまいますから、

 

少し気持ちを楽にすることを心がけましょう。

 


FX