自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


環境の変化によるもの

 

自律神経失調症は、環境が変わったことで起こるケースもあります。

 

環境の変化と言うと、わかりやすいところでは、

 

職場や学校が変わったことなどがあげられますね。

 

 

環境が変わっても、それにうまく対応できれば、

 

自律神経失調症にかかることもありませんが、

 

適応することはとても難しいのです。

 

 

新たな場所に、私たちは一生懸命適用しようとします。

 

その時に、交感神経も一生懸命働いているのです。

 

 

その状態が続くと、副交感神経が働く場がなくなり、

 

自律神経のバランスが崩れます。

 

頑張りすぎることも、自律神経失調症の原因になるのです。

 

 

「今日もいい仕事をするぞ〜!」とあまりに張り切りすぎることも、

 

実は環境の変化に対応しようとして、交感神経が頑張りすぎている証拠です。

 

 

自分では、環境に適応できていると思い込んで、それを続けていると、

 

いつのまにか自律神経失調症の症状が、出てしまう結果となるのです。

 

 

また、温度変化も自律神経失調症の原因になります。

 

暑い・寒いと言った時の体温調節は、自律神経が働くのですが、

 

急激な温度変化が続く、同じ状態が長い時間続くなどは、自律神経の働きを悪くします。

 

 

温度の変化は、体力も失うことがありますから、注意も必要です。

 

 

こうした症状を、適応障害と診断する病院もありますが、

 

適応障害と自律神経失調症は、ほとんど同じ扱いになりますから、覚えておきましょう。

 


FX