自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


ストレスによるもの

 

自律神経失調症の原因として代表的なのは、ストレスです。

 

あなたは、「ストレスのない人なんていないでしょ」、と思われるかもしれません。

 

 

確かに、ストレスを感じない人と言うのは、かなり少ないもしくは、

 

いないと言ってもいいでしょうね。

 

 

ストレスと言うのは、適度に感じることで、交感神経を活発にするので、

 

ある意味、健康を保つには不可欠なものと言えます。

 

 

ただし、このストレスが、過度になってくると話は別です。

 

過度のストレスは、交感神経をずっと緊張したままの状態にしてしまいます。

 

 

交感神経がずっと働いていると、副交感神経が働く場がなくなりますから、

 

当然バランスが崩れることになりますね。

 

 

結果として、自律神経失調症を引き起こす原因となるのです。

 

 

仕事や勉強、人間関係などでストレスが溜まり、

 

それを解消できずにいると、体の中で変調が起こってきます。

 

 

その変調を何とかしようとして、交感神経は頑張ってしまうので、

 

余計に自律神経のバランスは崩れます。

 

 

つまり、ストレスを感じて、解消しようと頑張れば頑張るほど、

 

交感神経だけが頑張る結果になるのです。

 

 

また、自律神経失調症にかかってしまったことに関しても、

 

責任を感じて、より症状が悪化するケースも多いのです。

 

 

ストレスは、自律神経失調症だけでなく、

 

他の病気の原因にもなりやすいので、

 

常日頃からストレスの解消を心がけることが大切ですね。

 


FX