自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


耳鼻科

 

自律神経失調症は、耳鼻科の分野でも強く症状が出て、疾患名がつくことがあります。

 

中でも、メニエール病は、更年期障害の人でも発症するケースがあるので、

 

知識として覚えておくと便利です。

 

 

メニエール病は、平衡感覚や聴覚に異常をきたします。

 

自分の周りがぐるぐる回っているような眩暈や耳鳴りが特徴で、

 

文字をまっすぐ書くことができないこともあります。

 

 

最近では、薬も多くなり、メニエール病の初期であれば、治ることも多いのですが、

 

自律神経失調症の場合には、繰り返し起こってしまうので厄介です。

 

 

メニエール病の症状が悪化すると、立っていられない、体を動かすのが怖いなど、

 

日常生活にも支障をきたしてしまうので、まずは耳鼻科で検査をすることが重要です。

 

 

そして、自律神経失調症の耳鼻科関係の疾患には、めまいもあります。

 

メニエール病でもめまいは起こりますが、このめまいの状態も若干違います。

 

 

通常のめまいと言うのは、ぐるぐる回る感じがするのですが、

 

自律神経失調症のめまいは、周りが回るのではなく、

 

地面が揺れている、体がフラフラすると言う感じが特徴です。

 

 

これは平衡感覚の異常と言うよりも、

 

精神的な疲れや疲労が関係しているので、

 

自律神経失調症の特徴とも言えるのです。

 

 

もちろん、こうした症状は、耳鼻科で検査をすればはっきりしやすいですから、

 

自律神経失調症で、耳鼻科関係に症状が出た場合には、原因を確定しやすいと言えます。

 


FX