自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


神経系

 

自律神経失調症では、神経系の疾患も多くあります。

 

 

神経系と聞くと、なんだか場所が特定できないようなイメージがありますが、

 

主な疾患は、筋緊張性頭痛や偏頭痛となります。

 

 

頭痛は神経と非常に関係が深いので、

 

そういった意味でも自律神経失調症の神経系代表の疾患とも言えますね。

 

 

筋緊張性頭痛は、頭が重いうえに、締め付け間を強く感じるのが特徴です。

 

痛みもズキズキしたものとは違い、鈍い感じがします。

 

 

最初のうちは、頭痛と言うよりも、肩こりや首のハリを感じ、

 

その後に頭の方へ痛みが上がっていくようになります。

 

めまいなども起こす人もいます。

 

 

また、偏頭痛は、いきなりズキンズキンと言う強い痛みが特徴です。

 

痛みはなかなか治まらず、酷くなると、体を動かすだけで痛みが出る場合もあります。

 

さらに、音や光でも反応して、痛みが酷くなる傾向にあります。

 

 

あまりに痛みが酷いと、「頭部の異常かも?」、と不安になりますが、

 

症状が続くようなら、早めに受診しましょう。

 

 

自律神経失調症の頭痛だと思っていたら、

 

全く違う疾患だったと言うことも考えられますから、

 

たかが頭痛だから我慢していればいいと思うのは危険です。

 

 

特に、筋緊張性頭痛の場合は、痛みが鈍いことから、

 

我慢してしまう傾向にあります。

 

 

きちんと検査をして、自律神経失調症の疾患なのかどうかを確認することが大切ですね。

 


FX