自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


呼吸器系

 

自律神経失調症が引き起こす疾患で、

 

呼吸器系はどんなものがあるでしょうか。

 

 

呼吸も、私たちの意志とは関係なく、自律神経が関係していますから、

 

自律神経失調症とは非常に関係が深いことがわかりますね。

 

 

よく見られるものは、気管支喘息です。

 

「気管支喘息なんて、アレルギーの病気じゃないの?」と思われるかもしれません。

 

しかも、気管支喘息は、子供の病気だと思っている人もいます。

 

 

さらに、アレルギーと言うのは、私たちのイメージでは、

 

花粉やハウスダストだけと思い込みがちですが、

 

アレルギーはどんなものも当てはまるのです。

 

 

そして、最近では大人でも気管支喘息を引き起こす人が多く、

 

気管支喘息は自律神経失調症の疾患と言う認識が高まっているのです。

 

 

自律神経失調症が引き起こす気管支喘息は、

 

ストレスが原因で症状が出やすいようです。

 

体調や生活環境によっても出やすいので、注意が必要です。

 

 

また、強い不安やストレスなどで、自律神経のバランスが崩れ、

 

過換気症候群が起きることもあります。

 

 

不安感が募ってろれつが回らない、手足の痺れなどを感じるのですが、

 

命に別状はなく、呼吸苦の症状は数分で落ち着くはずです。

 

 

ただし、命に別状がないからと言って、安易に考えてはいけません。

 

何度も発作が出るようだと、意識を失うケースも起こりますから、

 

受診して相談することが大切ですね。

 


FX