自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


消化器系

 

自律神経失調症の引き起こしやすい疾患は、消化器系にも存在します。

 

 

私たちの体の中で、消化すると言う動きも、

 

自律神経が大きく関係していますから、

 

疾患が起こりやすいのは当然とも言えるでしょう。

 

 

代表的なのは、過敏性大腸症候群です。

 

IBSとも言われていますね。

 

 

これは、自律神経失調症の中でも、

 

大腸で強く症状が出た場合に、この病名がつきます。

 

 

3ヶ月以上の長い期間に渡って、

 

下痢や便秘などが慢性的に続くケースで、

 

腹部の不快感や痛みを伴います。

 

 

何かを食べたからと言うのが原因でなく、緊張を感じた時に、

 

トイレに行きたくなると言うのが主な症状で、

 

短期間の場合には、過敏性大腸症候群とは別の診断名がつくでしょう。

 

 

緊張は、過度のストレスなどが原因と言われています。

 

 

また、生活のリズムが大きく崩れることで起こりやすいのが、神経性嘔吐症です。

 

これも、同じくストレスが原因で緊張が強くなり、

 

自律神経のバランスが崩れることで、起こるものと言われています。

 

 

そして、自律神経失調症だけが原因ではありませんが、胃や十二指腸潰瘍も、

 

自律神経失調症が引き起こしやすい消化器系の疾患です。

 

 

消化器系は、循環器系と同じように、自律神経の働きが重要な部分ですから、

 

自律神経のバランスが崩れ始めた時に、初期症状として出る人も多いようです。

 

 

消化器系の疾患が起こると、体調を崩しやすくなりますから、

 

一定期間同じような症状が続く時には、早めに受診しましょう。

 


FX