自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


循環器系

 

自律神経失調症が引き起こす疾患で、

 

循環器系はどんなものが考えられるでしょう。

 

 

自律神経失調症の場合、色々な部位に症状が出ますが、

 

その症状が循環器系に強く出る際に、次のような病気の可能性がでてきます。

 

 

まず、不整脈です。

 

不整脈は、心臓が一定のリズムで刻む拍動が、狂うことを言います。

 

脈を測ると、時々脈が飛ぶ、一定のリズムでなく早い、遅いなどの自覚症状があります。

 

 

また、不整脈が頻繁に起こると、

 

動悸や眩暈を引き起こすこともあります。

 

 

不整脈の中には、あまり心配しなくて良いものもありますが、

 

自分で勝手に大丈夫だと思うのは、お勧めできません。

 

 

そして、起立性失調症候群も、

 

自律神経失調症が引き起こす疾患として知られています。

 

 

これは、長い時間立っている、

 

寝て起きた時などに眩暈や立ちくらみが起こります。

 

 

自律神経の働きが崩れて、血管の収縮がうまくコントロールできないことから、

 

起こりやすいと言われています。

 

 

さらに、胸の痛みや呼吸困難、

 

脈が速くなるなどの症状をまとめた心臓神経症も、

 

自律神経失調症の疾患と言われています。

 

 

これは精神的な要素が大きく、

 

男性よりも女性に多いのが特徴です。

 

 

まだ他にも、自律神経失調症が引き起こす循環器系の疾患はありますが、

 

この3つが主な疾患と考えていいでしょう。

 

 

ただし、あまり神経質になると、症状が悪化しやすいこともありますし、

 

違う判断をしてしまいがちですから、注意しましょう。

 


FX