自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経のバランス

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

 

この2つの神経のバランスが取れて初めて、

 

体は正常に動くと言ってもいいでしょう。

 

 

つまり、自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の

 

バランスが崩れることが、原因と言えるのです。

 

 

では、自律神経のバランスは、

 

どうやって崩れてしまうのでしょうか?

 

 

自律神経は、無意識のうちに働く神経ですから、

 

バランスが崩れる原因は様々です。

 

 

自律神経のバランスが崩れる原因として代表的なのは、ストレスです。

 

私たちの体は、ストレスを感じると交感神経が働きます。

 

 

つまり、ストレスを受け続けることは、

 

交感神経がずっと働くことになるわけです。

 

 

自律神経は、交感神経と副交感神経の両方がうまく働いてこそ、バランスが保たれるので、

 

ストレスを受け続けることは、自律神経のバランスが崩れる原因となります。

 

 

しかも、ストレスの場合、自分がそのストレスを受けているのかどうか、

 

判断できずにいることもあります。

 

 

ですから、体に何らかの異変が起こるまで、

 

自律神経失調症だとはわからないのです。

 

 

また、他の原因でも自律神経のバランスは崩れやすくなります。

 

もちろん、自律神経のバランスがちょっと崩れただけでは、症状が出ることはありません。

 

 

ですから、自律神経のバランスが崩れ続ける状態をできるだけ起きないように、

 

気を配って生活することが、最大の予防と言えるかもしれませんね。

 


FX