自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


動悸

 

自律神経失調症の症状には、動悸もよく見られるケースです。

 

動悸と言うと、激しい運動をした後や、何かに驚いた時などに感じますが、

 

自律神経失調症の動悸は、何もない時にいきなり始まります。

 

 

ですから、その動悸が、自律神経失調症だとわかっていなければ、

 

心臓に何か問題があるのではないかと、心配する人もいるほどです。

 

 

実は、心臓の鼓動は、自律神経が働きを調節しているのですから、

 

自律神経失調症の症状では、一番出やすいと言ってもいいのです。

 

 

しかも、自律神経失調症で動悸が出ている場合、

 

不整脈も出やすくなります。

 

 

不整脈は、自律神経失調症だけに留まらず、

 

冠状動脈の動脈硬化の原因にもなりやすいので、注意が必要です。

 

 

ただでさえ、動悸や息切れは、心臓の病気を疑ってしまいますし、

 

原因がはっきりしないまま状態が続くと、それが余計に心配の種となって、

 

症状が悪化する人もいます。

 

 

最初は、自律神経失調症だったはずが、症状が悪化して、

 

いつの間にか心臓や血管系の病気を引き起こしていまう可能性も、

 

ないとは言えません。

 

 

そして、精神的な不安やストレスは、

 

自律神経失調症の症状をどんどん進行させてしまいます。

 

 

早目の段階で、対応できていれば、症状の改善も早いですし、

 

心臓にかかる負担も少なくてすみます。

 

 

自律神経失調症は、命に関わる病気ではないと言う人もいますが、

 

私個人としては、甘く見てはいけないと思いますよ。

 


FX