自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


冷え性

 

冷え性と言うのは、体質だから仕方がないと思っている人も多いでしょう。

 

ですが、自律神経失調症が絡んでいるケースもあるんですよ。

 

 

体の冷えている状態は、体自体が熱を作る力が弱くなっています。

 

ですから、手足が冷たくて夜眠れない、酷い場合には、

 

冷えが痛みとなってしまうこともあります。

 

 

中には、冷え性が原因で、自律神経失調症になってしまう人もいるので、

 

ただの冷え性だと思うのは避けた方が無難です。

 

 

自律神経失調症の冷えは、普通の冷えとは違って、

 

かなり冷たく感じます。

 

 

もちろん、冷えだけでなく、顔はほてるのに

 

手足は非常に冷えていると言う人も、

 

女性は特に多いと言われています。

 

 

冷えをそのままにしておくと、

 

足が冷たくて眠れないための睡眠不足や、

 

しもやけなどが起こってしまいます。

 

 

さらに、女性の場合、

 

冷えは生理不順やなども起きやすいのです。

 

 

体が冷えていると言うことは、

 

血液循環が悪くなっていることにも繋がるので、

 

内臓も冷えて、働きが悪くなります。

 

 

自律神経失調症だけでなく、内臓関係の病気も、

 

冷えが関係しているケースが、

 

最近では多くなってきているのです。

 

 

できるだけ冷えている部分を温めることで、症状は改善されますが、

 

自律神経失調症の場合には、原因を取り除くことが先決です。

 

 

冷え性を改善したことで、自律神経失調症が改善された人もいるので、

 

冷え性をそのままにしないことはとても重要です。

 


FX