自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


のぼせ・ほてり

 

自律神経失調症の症状には、

 

のぼせやほてりも起こりやすいと言われています。

 

 

のぼせは、異常な熱感を顔や頭に感じた状態を指し、

 

ほてりはそれが顔や頭以外の部分で起こることを指しています。

 

 

入浴時間が長すぎてのぼせてしまう、と言うこともありますが、

 

自律神経失調症の場合、状態に関係なく症状が現れるのが特徴です。

 

 

また、更年期障害の症状でも、ホルモンのバランスが崩れ、

 

のぼせやほてりが起こりやすいため、女性の場合は、年齢が高いと、

 

更年期障害と間違われて診断されるケースもあります。

 

 

私も実際、最初は更年期障害かもと言われましたから、

 

専門家でもわかりにくいのかもしれませんね。

 

 

そして、自律神経は、精神的なストレスや緊張状態が続くと、

 

バランスが崩れやすくなります。

 

 

血管が拡張気味の状態続くと、のぼりやほてりを感じるので、

 

自律神経失調症の人は、ストレスや緊張をできるだけ少なくすることが大切です。

 

 

さらに、のぼせやほてりに加えて、動悸や発汗、手のふるえがあると、

 

他の疾患の疑いが強くなります。

 

 

のぼせやほてりは、他の疾患でも起こりやすいですから、

 

他にどんな症状が出ているかを、きちんと把握することで見分けがつきます。

 

 

ですが、自律神経失調症の症状が、のぼせやほてりだけ、と言うこともありませんから、

 

安易に何かの病気だと思い込むのは危険ですよ。

 


FX