自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


手足のしびれ

 

自律神経失調症の症状で、

 

手足のしびれを感じる人は意外に多いのです。

 

 

手や足に触れると、びりびりした感じになる、電気が走ったような痛みを覚える、

 

正座をしてしびれた時のような感覚が鈍いしびれ感があるなど様々です。

 

 

しかも、手足のしびれは、どちらか一方の場合がある人もいれば、両方の人もいます。

 

 

また、足だけ、手だけ、全身と言ったように、

 

個人差が激しいのも自律神経失調症の特徴です。

 

 

自律神経失調症の症状としての手足のしびれは、

 

その多くが、ストレスが原因と言われています。

 

 

ストレスを受けることで、交感神経が働き、筋肉が硬くなります。

 

そのため、血行が悪くなり手足がしびれてしまうのです。

 

 

つまり、体が緊張しすぎていて、血液中の酸素が不足するのです。

 

酸素が不足すれば、筋肉は緊張したままになりますから、しびれるのは当然ですね。

 

 

深呼吸などをすると、体や気持ちがリラックスして、

 

しびれも解消されるのではないでしょうか。

 

 

もちろん、手足のしびれは、自律神経失調症だけが原因ではありません。

 

自律神経ではない神経の異常でも、しびれは起こりますし、

 

他の疾患が絡んでいる可能性もあるのです。

 

 

しびれがなかなか取れない、いつものしびれとは違うなど、違和感を覚えたら、

 

早めに受診して、原因を探るのが大切です。

 

 

そのままにしておくと、自律神経失調症の悪化だけでなく、

 

他の病気も引き起こしてしまいますよ。

 


FX