自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


肩こり

 

自律神経失調症は、筋肉の異常を引き起こしますが、

 

この時にそれが肩こりとして、症状が出る人がいます。

 

 

肩こりは、我慢していれば、いつの間にか気にならなくなる人もいますが、

 

実は、このこりは筋肉の緊張ですから、我慢していると、

 

自律神経から脳への指令が、行き届かなくなる可能性があります。

 

 

肩が凝っているのに、そのままになっていて、

 

リラックスさせようと副交感神経が働きますが、こりが酷くて眠れなく、

 

さらに副交感神経が頑張ってしまうと、自律神経のバランスが崩れます。

 

 

結果的に、自律神経の失調が起こるわけですね。

 

 

つまり、自律神経失調症は、肩こりをどうにかしようとして、

 

交感神経と副交感神経が連携せずに、働きすぎたために起こるといってもいいのです。

 

 

さらに、肩こりは血行が悪くなって、

 

筋肉が硬くなることで起こります。

 

 

しかも、目を酷使した状態が続くと、

 

それが肩こりや首こりの原因にもなります。

 

 

目が悪い人に、自律神経失調症が出やすいのも、

 

これを象徴しているようですね。

 

 

実際には、自律神経失調症が原因でない肩こりをそのまま放置していたことで、

 

自律神経失調症を引き起こしてしまったと言うケースもあります。

 

 

たかが肩こりくらいで、という気持ちもわかりますが、

 

こうした筋肉のこりが、自律神経を異常に働かせる結果になってしまうのであれば、

 

できるだけそういった状態にならない配慮が必要ですね。

 


FX