自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


皮膚疾患

 

自律神経失調症には、皮膚疾患が出る場合もあります。

 

 

皮膚の痒みや乾燥、アレルギー反応など、

 

自律神経失調症とは関係ない皮膚疾患のような感じがします。

 

 

季節の変わり目に肌の乾燥を感じる人もいますが、

 

自律神経失調症の場合には、そのような季節に関わらず、

 

常に痒みを感じるのです。

 

 

さらに、痒みだけでなく、汗もかきやすくなります。

 

汗をかく病気に多汗症がありますが、自律神経失調症の場合にも、

 

ある部分だけ大量の汗をかく多汗症が起こります。

 

 

多汗症は、わきの下や手、足の裏など部分的に大量の汗をかく場合と、

 

全身に渡って大量の汗をかく場合がありますが、自律神経失調症では、

 

局所的な多汗症がほとんどです。

 

 

汗をかく仕組みも、精神的に緊張が強いことで起こるのですが、

 

これも自律神経が作用していますから、そのバランスが崩れれば、

 

汗をかきやすくなると言う理屈は納得できますね。

 

 

そして、精神的に緊張している時に汗が出るのとは違って、

 

寝ている時の汗、即ち寝汗が酷くなるのも、自律神経失調症の特徴です。

 

 

季節の変わり目でもないのに肌が痒い、アレルギー体質ではなかったが、

 

最近痒みを感じる、いきなり汗をかくようになったと言う時には、

 

自律神経のバランスが崩れているかもしれません。

 

 

たかが汗くらいでと思うかもしれませんが、大切なことですよ。

 


FX