自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


自律神経の仕組み

 

私たちの体の中枢神経と末梢神経の仕組みはわかっていただけましたね。

 

そして、末梢神経にも体性神経と自律神経があることも。

 

 

さらに、自律神経には、交感神経と副交感神経があって、

 

体のバランスを取っていることもお話しました。

 

 

自律神経失調症と言うのは、この自律神経の仕組みについて、

 

まず理解しておかなければなりません。

 

 

自律神経失調症と言う病気があることは知っていても、

 

自律神経の仕組みまでは、なかなか知られていないのです。

 

 

自律神経の交感神経と副交感神経は、

 

もともと反対の働きをしています。

 

 

簡単に言えば、交感神経はカロリー消費に関係していて、

 

副交感神経は、休む時などに関係しているものです。

 

 

これら2つの神経のバランスが崩れると、

 

何らかの症状が出るようになる。

 

これが自律神経失調症です。

 

 

自律神経は、体の変調と言うよりも、

 

精神的な要素が深く作用します。

 

 

それは、自律神経失調症が、

 

感情の変化によって起こりやすいことを示しています。

 

 

ストレスや精神的なダメージが、交感神経と副交感神経のバランスを崩し、

 

自律神経失調症を引き起こすと言われています。

 

 

このため、自律神経失調症は、

 

症状が複雑で一定化しないと言われているのです。

 

 

自律神経失調症の治療も、こうした神経の仕組みを理解した上で、

 

前向きに取り組むことが重要です。

 


FX