自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


全身症状

 

自律神経失調症は、自律神経自体が全身に働きかけているので、

 

全身症状も出やすいと言えます。

 

 

そもそも、「全身症状とは何?」と思う人もいるでしょう。

 

全身症状とは、その症状が特定の部分だけにでるのではなく、漠然と出る症状です。

 

 

自律神経失調症の全身症状とは、疲労感や倦怠感、

 

めまいやほてりなどが上げられます。

 

 

疲労感や倦怠感は、自律神経失調症の症状としては代表格で、

 

自律神経失調症の初期症状として判断する医師もいます。

 

 

特に激しい運動をしてないのになんだか疲れる、眠っても疲れが取れない、

 

めまいや立ちくらみも起こりやすいと言うのが、自律神経失調症の特徴とも言えます。

 

 

しかも、めまいは、自分の周りがぐるぐる回っている、と言う感じではなく、

 

自分がフラフラしてしまうことが多いようです。

 

 

これが通常のめまいとは、少し症状が違っているのです。

 

 

仕事が忙しく、睡眠時間が少ない生活が続くと、

 

こうした疲労感やだるさは出ますから、

 

最初のうちは、ただの疲れとして判断する人も多いでしょう。

 

 

ですが、これがずっと続いてくると、

 

疲労やだるさが体調不良の主な原因になり、

 

違う病気を引き起こす原因になりやすいのです。

 

 

その他には、睡眠不足や食欲不振、のぼせや冷えも、

 

自律神経失調症の全身症状と言われています。

 

 

これらは全て色々な病気の症状と似ているので、

 

見分けが非常に難しいわけですね。

 


FX