自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


筋肉系

 

自律神経失調症は、筋肉の異常も症状の一つと言われています。

 

筋肉の異常と言われても、ピンとこないかもしれませんが、

 

肩こりや腰痛、関節のだるさや痛みが、これに入ります。

 

 

自律神経は、筋肉や血管に直接働きかけるので、

 

そのバランスが崩れる自律神経失調症は、

 

筋肉の緊張と弛緩の仕組みに悪影響が及ぶことになります。

 

 

そして、筋肉の異常は、体に力が入らないと言う症状も引き起こします。

 

 

ですが、これらの症状は、自律神経失調症に代表されるのではなく、

 

関節リウマチや筋肉痛、腰痛などと判断されがちです。

 

 

自律神経が筋肉の働きに関係していると言うことを、

 

知っている人の方が少ないからではないでしょうか。

 

 

また、腰痛や筋肉の痛みは、病院に行くと言うよりも、

 

マッサージや整体に通うと言う人も多いのです。

 

 

自律神経失調症とは気づかずに、

 

痛みを取る治療を続けているケースもあるのです。

 

 

筋肉の異常は、我慢していればそのうち落ち着いてしまうこともあるので、

 

自律神経失調症だとわかっていても、治療をしない人もいます。

 

 

ですが、筋肉の異常は、原因が他にあることも考えられますから、

 

異常を感じたら、我慢せずに病院で検査を受けましょう。

 

 

検査で何も異常がなければいいですが、

 

肉腫や神経の異常がある場合も考えられますから、

 

まずは病院でチェックしましょう。

 


FX