自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


泌尿器

 

自律神経失調症の症状で、泌尿器に異常が出ることもあります。

 

 

「泌尿器なんて、自律神経が直接関わっていないのでは?」と思うかもしれませんが、

 

膀胱に溜まった尿を排出するのは、副交感神経の働きですから、大きな関係があります。

 

 

自律神経の働きが悪いと、残尿感や尿が出にくい、

 

反対に尿の回数が多くなる頻尿などの症状が出ます。

 

 

残尿感は、さっきトイレに行ったばかりなのに、また行きたいような感じがする、

 

トイレに行ってもすっきりしないと言う感じが続きます。

 

 

特に、頻尿の場合には、膀胱に十分な尿が溜まっていないのに、

 

尿意を感じてトイレに行くと言うケースが多いのです。

 

 

また、こうした状態が気になって、トイレに行くのを我慢していると、

 

腹痛を起こすこともありますし、これが原因で膀胱炎を引き起こしてしまうので、とても厄介です。

 

 

こうした状態では、自律神経失調症の可能性が高いので、頻尿が目立つ時には、

 

他の部分での症状もチェックした方がいいでしょう。

 

 

泌尿器と言うと、膀胱炎や尿道炎などの疾患も考えられますから、

 

自律神経失調症を疑う前に、それらの検査も必要になります。

 

 

また、男性の場合には、前立腺肥大の可能性もありますから、

 

まずはそちらの検査が優先されます。

 

 

色々な検査をしても、特に原因が見つからない場合には、

 

自律神経失調症の疑いがありますから、治療を始めるといいですね。

 


FX