自律神経失調症の症状・治療法・改善法

あなたは、自律神経失調症が一生治らない病気だと諦めていませんか?


病院に行って薬を飲んでも、自律神経失調症は治りません。


実は、自律神経失調症の根本原因である体のある部分をストレッチするだけで改善できるのです。


消化器

 

自律神経失調症で、消化器に異常が出るケースもあります。

 

 

消化器と言うと、胃や腸が関係しますが、自律神経失調症の症状として、

 

吐き気や便秘、下痢などが現れやすくなります。

 

 

吐き気については別のページで説明しますので、

 

ここでは便秘や下痢についてお話しましょう。

 

 

便秘や下痢と言うのは、自律神経失調症に限らず、

 

よくあることと思われがちですが、

 

この消化器系の症状は、自律神経と深い関係にあります。

 

 

食べたものを消化すると言う働きは、

 

私たちが意識して行うことではありません。

 

 

胃に物が入ると、脳から消化するように命令が出て、自律神経が働きます。

 

自律神経の働きが悪くなっていると、

 

消化がうまくできずに便秘や下痢を引き起こします。

 

 

また、便秘や下痢ではないけれど、

 

腹痛を訴えるケースもあるようです。

 

 

最近では、特に病気が絡んでいなくても、下痢をしてしまう人も多く、

 

ストレスなどで自律神経の働きが崩れることが原因だとも言われています。

 

 

お腹の調子が悪いのは、食べ過ぎたり、

 

質の悪いものを食べたりしたからだと思い込んでいたら、

 

実は自律神経失調だったと言うこともあるのです。

 

 

もちろん、消化器の異常は、

 

自律神経失調症だけの症状ではありません。

 

 

がんや潰瘍、その他の病気が絡んでいるケースも考えられますから、

 

消化器の異常を感じたら、まずは疾患があるかどうかの検査が必要ですね。

 


FX